MATTEL

商品紹介

ウノ

商品イメージ

オハイオにある理髪店のマール・ロビンズの趣味はカードゲームでした。1971年のある日、ウノを考案したマールは、家族や友人にこれを紹介。すると驚くくらい彼らがこのカードゲームに夢中になって遊ぶのを見て、思い切って家族と共同出資して売り出してみました。
その後、UNOゲームのあまりの面白さに大きなビジネスとして成長。1992年にはマテルの傘下に入ったのです。

早くから日本でも不動の人気を誇るウノカードゲーム。2011年には40周年を迎えました。
また、2006年35周年をきっかけにはじめた全国UNO大会では全国200箇所以上、約2000人以上の小中学生が参加するビッグイベントとなっています。

はじめて会った人同士でも、すぐに友達になれるウノカードゲーム。世代をこえてどこでも夢中になって遊べるカードゲームは、これからも家族の楽しいひとときを作り、友情を育んでいきます。

ウノ公式サイト